自分さえガマンすれば…は、良い結果になりません。

公開日: 

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%ef%bc%95

「自分さえガマンすればすべてが丸く収まる」・・・

と考えるはとても多いです。

 

この選択肢のメリットは、

「これまで通りの生活レベルが維持できる」

「パートナーと別れずに済む」

「表面上は波風が立たない」

というところでしょうか。

 

 

しかし長い間、

「無神経な夫」

「感情むき出しの妻」

と暮らしていると、

 

「相手の良い面に目を向けよう」

「自分が細かいことを気にしすぎだ」

と思い込もうとします。

 

例えば・・・

「本当はこんな人じゃない」

「自分が無知で相手が正しいんだ」

「優しいときもある」

「ほかの家も似たようなもの」・・・ といった感じです。

 

 

経済的に自立することへの自信のなさ、一人ぼっちになる不安、パートナーへの捨てられない期待、

また、そんな相手をパートナーに選んでしまった自分の選択眼のなさを認めたくない・・・

という心理も働くかもしれません。

 

 

◆「自分がガマンするのはおかしい」

幾度となく繰り返される言い争いに不毛さを感じ、反論するのをやめてしまった・・・。

また、子どもの前でケンカすることは良くないから・・・。

しかし、このような生活にも少しずつ「違和感」を感じ始めます。

 

これら「困った夫」、「困った妻」は多かれ少なかれ、「相手は自分に尽くすべきだ」

決めつけているので、あなたが黙っていても「困った夫・妻」から感謝されることはほぼないでしょう。

 

とはいえ、長年、ガマンを続けてきたパートナーに自己主張するのは、決して簡単ではありません。

いざとなると頭が真っ白になったり、相手を怒らせまいと「そうだね。。。」同調してしまう

こともあります。

 

そんな時は、「どうしておまえは、そうやってオレを責めるんだ!」と感情的に反応するのではなく、

「悪気はないかもしれないけど、そういう言い方をされると私は悲しい・・・」

 

と自分が感じた怒りや悲しみをありのままに表現し、伝えることで、相手は「ハッ!」

と気づくことがあります。何らかの決断を下す前に、試してみる価値はあると思います。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊